1. HOME>
  2. 農林事業>
  3. 幼齢木ネット

幼齢木ネット

トウモロコシから生まれた繊維で作りました

特徴

軽量なことから運搬・施工が容易

筒状ネットで耐久性に優れ通気性もよく生長に支障をきたさない

生分解性なので環境にやさしく撤去を軽減できる

環境にやさしい

ネットはポリ乳酸繊維製であり、生分解が特徴です。
生分解性プラスチックの中で、ポリ乳酸は、もっとも穏やかに加水分解し、生分解していく素材の一つです。紫外線に耐久性があり長期間原型を維持することから、苗木が成長した後の剥皮害防護にも期待できます。

野生動物にやさしい

野生動物の行動範囲を侵すことなく大切な苗木を育てます。

苗木にやさしい

ネットはおよそ8年~10年は原形を維持します。積雪、強風雨、急傾斜地等の過酷な現場でも施工され、獣害から苗木を守り続けています。

幼齢木ネット GSタイプ

ニホンジカ等による枝葉食害に
新しく生まれ変わったNEW幼齢木ネットGSを
お役立てください

幼齢木ネットは、東レ㈱製のポリ乳酸繊維エコディア®を使った筒状の単木保護カバーです。ネットは100%*1 ポリ乳酸を使用しており、およそ8年*2 以上機能を持続し枝葉食害防除が終われば剥皮害防護も期待できます。*1 付属部品は生分解しないものがあります *2 施工地でばらつきがあります

NEW 幼齢木ネットの改善点

防獣性能を強化!

幼齢木ネットは2000年(平成12年)の発売以来全国各地の公共事業で採用された実績からその効果は実証済みです。ニホンジカ等の野生動物は地際部分からネットをめくりあげ、その後幼齢木が生長するとネットを引きずりおろして採食を試みます。NEW 幼齢木ネットGSは大型の杭で地際からの侵入を防ぎ、FRP 支柱を1本にすることで上部を不安定にして、採食を困難にしました。

耐久性能を向上!

生分解性樹脂の中でポリ乳酸は、もっとも穏やかに生分解していく素材の一つです。紫外線にも耐久性があり、10 年以上原型を維持している現場もあります。支柱、杭を全面切り替えし、多雪地、強風地では新たな施工法を開発して耐久性を向上いたしました。

コストダウンの実現!

付属部品の物性を大幅に強化することで部品点数を減らし、防獣性能&耐久性能の強化向上を達成しました。
従来品に比べて部品点数を9点から5 点へ、歩掛を20%改善し、20%の価格ダウンを実現しました。